ファクタリングに消費税がかからない理由とは?

ファクタリングに消費税がかからない理由
ファクタリングをするときに消費税がかかるのか、ご存知ですか?
ファクタリング手数料にかかる消費税は、難しいことではありませんが、悪徳ファクタリング会社にあたると不当に請求される場合があるので、ファクタリングの消費税について知識を身につけておきましょう。
今回は、ファクタリング手数料にかかる消費税についてお伝えしていきます。

ファクタリングに消費税がかからない理由

ファクタリングは消費税のかからない非課税取引です。
国税局の説明より「有価証券や登録国債、抵当証券、金銭債権などの取引に関しては消費税は非課税となる」とあるります。
この中の金銭債権は金銭の給付を目的とする債権のことで、預金や受取手形、売掛債権や貸付金のことです。
この場合ファクタリングは売掛債権取引となりますので、非課税取引です。

金銭債権譲渡の時の消費税の対処法

ファクタリングの際、売掛債権保有会社はファクタリング会社へ売掛債権の債権譲渡されます。
その取引時の消費税の対処法をお伝えいたします。

売掛金は課税対象となる

売掛金自体は課税対象になります。
売掛金は商品やサービスと交換に受け取る代金なので、売上に入ります。
当然ですが売掛金は課税対象とされます。

ファクタリングでの手数料は課税されない

ファクタリングを利用した時に売掛債権を譲渡します。
この時ファクタリングを利用する会社からファクタリング会社に手数料を払います。
この手数料は課税対象ではありません。なぜなら、利子や手数料や保険証、保険料は課税対象であると国が定めているからです。

課税売上1000万円以下は消費税が免除

課税売上が1000万円以下の場合は納税を免除されます。
消費税を納税しなければならないポイントは課税売上高です。
課税売上高とはその法人が年間のそう売上高から消費税分を抜いた金額のことです。
課税売上高が1000万円を超えない場合は、納税の義務が免除されます。
注意点としては、前年度の課税売上高ではなく前々年度の課税売上高が対象なので間違えないようにしましょう。

消費税を請求してくるのは悪徳業者

まれに消費税を請求してくるファクタリング会社がありますが、その会社は悪徳業者の場合があります。
今はファクタリングをする人が増えて来ているのでファクタリング会社がたくさんありますので、優良の会社や悪徳の会社などさまざまな会社が紛れています。
一般的なファクタリング会社は消費税を請求してくることがありません。
これはファクタリングなので消費税がかからない取引になるからです。
しかし、悪徳ファクタリング会社だと手数料に税込として消費税を入れる会社もあります。
請求書を見ればすぐにわかるので、そのようなファクタリング会社を選ばないように見積もりなどを事前にもらいましょう。

ファクタリングを行う中で消費税が出来る

ファクタリングを行う中で消費税が発生することもあります。
先ほどファクタリングには消費税がかからないと話しましたが、ファクタリングを完了させる過程で税金がかかる事もあります。
なぜなら、ファクタリングを行う過程で、債権譲渡登記が必要になる場合があるからです。
その時の登記をする時にかかる、印紙代や登録免許税に関しては、非課税ですが、債権譲渡登記を行う場合には司法書士に依頼する必要があります。
このときに司法書士に支払う報酬に関して消費税が発生するのです。
これは、ファクタリング会社によって違いがあるので、ファクタリング会社に事前に確認するようにしましょう。

まとめ

今回はファクタリング手数料にかかる消費税に関してお伝えしました。
そもそもファクタリングは非課税なので消費税はかかりません。
消費税がかかる場合はありますが、免除になる場合もあるので、きちんと条件を確認することをおすすめします。
もしファクタリングをするときは、領収書に消費税が含まれていたら、1度は悪徳業者だと疑って、注意するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする