ファクタリング手数料を安くする方法

ファクタリング手数料を安くする方法
ファクタリングで手数料は会社によって金額が違うのを知っていますか?
実はファクタリングの過程でかかる手数料は会社によって金額が違っています。
今回は、ファクタリングの過程で支払う手数料を安くする方法を紹介していきます。

ファクタリング手数料を安くするには

ファクタリングの手数料を安くする方法はいくつかあるようです。
事前に知っておいた方が良い知識を下記に書きましたので一緒に見ていきましょう。
ファクタリング手数料を安くする方法は主に3つあります。

3社間ファクタリングを選ぶ

まず一つ目は3社間ファクタリングにすることです。
2社間ファクタリングの手数料はおよそ10〜30%かかりますが、それに比べて3社間ファクタリングの手数料は1〜5%です。
なんどもファクタリングをする必要があるなら3社間ファクタリングにした方が懸命です。
毎回10%以上の手数料を取られていては遅かれ早かれ会社の先行きが不安すぎるので、選べるのなら3社間ファクタリングにしましょう。

継続してファクタリングを利用する

継続してファクタリングを利用すると手数料は安くなります。
2回目以降に同じ会社でファクタリングを行う場合は審査が無くなりますので、事務手続きを大幅に簡略化させることができます。
ですので、事務手続きにかかる費用が無くなり、手数料も安くなるのです。

優良で手数料の安い会社に依頼する

優良で手数料の安い会社に依頼する場合も手数料を安くすることができます。
最初はどの会社が安いのか分からないかもしれませんが、今はインターネットのランキングサイトや口コミなどで探すことができるので、ファクタリング手数料の安い優良企業を見つけて依頼する方が時間がかからずオススメです。

ファクタリング手数料が安い業者

ファクタリング手数料が安い業者でオススメの業者を3つご紹介します。

JTCのファクタリング

JTCのファクタリングは業界の中ではかなり安い手数料で有名な会社です。
JTCのファクタリングの手数料は最安の手数料は2%〜です。
JTCのファクタリングは全国で取引に対応しており、リピート率も98.3%と確かな実績があります。
ただ、注意点としては申し込みできる企業は年商7000万の法人に限られていますので、年商7000万未満であったり個人事業主の方は申し込みできないので気をつけましょう。

ファクタリング東京

ファクタリング東京は小額債権買取を行っていて、売掛金10万円から対応しています。
手数料も安めの5%〜15%で業界では安い業者の部類に入ります。
審査スピードも早く、即日対応も行なっています。
個人事業主も受け入れ可能としており、審査も柔軟にしているので個人事業主の方にもオススメの業者です。

ビートレーディング

ビートレーディングの手数料率は公開されていませんが、根強い人気を誇る会社です。
申し込みから即日〜3日以内のスピード査定が有名で、日本全国対応可能です。
個人事業主の申し込みも受け付けているので、個人事業主の方に人気があります。

まとめ

いかがでしたか?
今回はファクタリング手数料を安くする方法についてお伝えしました。
知識を身につけて事前に準備や選択を間違えなければファクタリング手数料を安くすることは可能です。
手間を惜しまず様々な業者に見積もりを取って検討して見ましょう。
きっと努力次第でファクタリング手数料を安くできる方法があるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする