ファクタリング手数料の決め方とは

ファクタリングの手数料相場
ファクタリングの金利や手数料は利用するファクタリング会社の選びと、契約条件で大幅に変わって来ます。
ファクタリングを効果的に活用するには手数料をできるだけ安く抑えていくことが必要です。
今回は、ファクタリングの金利や手数料が決まるポイントについてご紹介します。

ファクタリング手数料はどのように決めているのか

ファクタリング手数料は、その売掛債権の価格や現状、会社の状況によって手数料の額が決められています。
売掛債権ごとに、売掛先のスケールや現状、債権金額や会社の信頼性などを総合的に算出した上で決めています。
それでは一つずつ、ファクタリングの手数料を決めるポイントについてみていきましょう。

買取り金額で判断する

買取り金額については、ファクタリング会社から見れば売掛金が高額な会社ほどファクタリング会社の手数料が多いので買いたいと思っています。
しかし、「初めてのファクタリング取引をする会社は月の売り上げの3割程度の金額まで」としているファクタリング会社が多数を占めています。
それは、手数料を多く取ってしまうと会社が倒産することも可能性として見据えているからです。
手数料の金額を配慮しても、1つの会社で100万円を超える売掛金の買い取りが都合の良い条件と判断されるファクタリング会社が多いでしょう。

医療報酬債権で判断する

医療報酬債権は手数料を安く決めている場合が多くあります。
その理由は、医療報酬債権は非常に信頼性に高くファクタリング会社にとって都合の良い案件だからです。
社会保険診療報酬支払基金と国民健康保険団体からの入金があるので、お金が入らない心配がないことから、3社間ファクタリング時に振込先をファクタリング会社の銀行口座に変更する事もできるのでファクタリング会社は手数料を安くしても確保したい案件です。

売掛先の属性で判断する

売掛先の会社の属性で手数料が決まる場合もあります。
まず売掛先の信頼性を確かめるために徹底してどのような会社かを調べます。
調べる方法は売掛先の会社に連絡が行くようなことはありません。
帝国データバンクなどの行政が管理する機関で所持している登記情報を使用しわからないように調査します。
その時に、ファクタリング会社によってはギャンブル業界を怪しむ場合や、反社会勢力との取引にも疑いを持って、警察や金融庁で管理しているリストに含まれていないかを確認して決めることもあります。

ファクタリング手数料を抑える方法

ファクタリング手数料を抑えるにはいくつか方法があります。
ファクタリングを依頼するときに手数料が安くなる条件を知識として知っておくとファクタリングをするときに役立ちます。
それでは、下記のファクタリング手数料を抑える方法を見ていきましょう。

3社間ファクタリングに変える

3社間ファクタリングに変えるとファクタリング手数料を抑えることができます。
ファクタリングをする会社は客先にファクタリングをすることがわかってしまうと、資金繰りに問題があると思われてしまうため、3社間ファクタリングを敬遠します。
ですが、2社間ファクタリングと比べると大幅に手数料が減ります。
ファクタリング業者も売掛金を入金する方の売掛先に「同意書」をもらうことで、貸し倒れのリスクが少なくなるのでファクタリング手数料は安く設定できるのです。

複数の見積もりを取る

ファクタリングをより安い手数料で利用したいと思ったら、最低でも3社のファクタリング会社に見積もりを依頼し、見比べることが大切です。
各社で違いが出てしまう理由は、審査の基準や企業理念などが反映されるからです。
見積もり内容からそのファクタリング会社の政策が見えてくるので、会社選びの基準になるでしょう。

まとめ

今回はファクタリングの金利や手数料が決まるポイントや手数料を抑える方法についてお話ししました。
ファクタリングに金利自体はかからないのですが、売掛債権を受け取る際に代行手数料が発生します。
代行手数料は、売掛先の会社の大きさ、景気の状態、債権金額のすべての状況に配慮して決められていますが、それ以外にも様々な条件があるので、できるだけ手数料を抑えるために準備をしておくと、ファクタリングサービスを効率よく使えるでしょう。

>>ファクタリングに関するご質問はお気軽にこちらへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする